全身脱毛に関する注意事項はココ!

 

 

脱毛施術を受けるにあたって、まず決めておいたほうがいいのは、「脱毛サロンの光脱毛にするか、美容系医療機関のレーザー脱毛にするか」です。

 

脱毛サロンでは、「光脱毛」以外に「IPL脱毛」「ヨーロピアン脱毛」「フラッシュ脱毛」などの名称も見られます。が、原理は同じで、単に別称と考えていいでしょう。

 

医療機関のレーザー脱毛と比較しての特徴としては……

 

@料金は安い
Aお肌への負担が少なめ

 

……といったことが挙げられます。

 

が、デメリットとしては……

 

脱毛効果の持続期間が不確か

 

……というのがあります。「永久脱毛」ではなく、5年後10年後にはムダ毛が再生する可能性を残しています。

 

また、どちらを選ぶにしても、必要回数と料金は余裕をみておきましょう。コース制になっていて、「6回」とか「10回」となっていても、実際にはその1.5倍や2倍かかることが多いようです。

 

その分、かかる期間も長くなります。途中で、妊娠したり、引っ越ししたりする人も出てくるでしょう。

 

その可能性が分かっている人は、「長期中断が可能か」「引っ越す可能性のある先に支店があって、継続して施術を受けることが可能か」といったこともチェックしておきましょう。

 

最悪、途中解約になることもあるでしょう。かつては、解約してもほとんどお金が戻ってこなかったり、ローンをそのまま支払い続けることもありました。が、今は法律が変わって、そこまでひどいことはないことになっています。

 

ただ、手続きなどに頭を悩ませることになるでしょう。心配ならば、コース制ではなく「月払い」「都度払い」といった、違う料金システムのところを選ぶのもひとつの手です。