全身脱毛の中でも特に注意したいVIOライン・おすすめの方法は?

しばらく前まで、全身脱毛では、「全身」といいながら、Iライン・Oラインは含まないのが一般的でした。

 

これらの部位の脱毛の必要が低いからではなく、施術が難しいためです。それで、別料金にしたり、全くコースの設定がなかったりしたのです。

 

むしろ脱毛の必要性の高い部位です。ムダ毛があると、生理や排出での汚れがこびりつきやすくなりますから。

 

全身脱毛をするエステを選ぶ場合、ここまで含まれているところを選ぶことをおすすめします。

 

・VIOラインの脱毛とほかの部位の脱毛の違い

 

Iライン・Oラインは脱毛部位の中で特別視されることが多いです。これにVラインを加えて、「デリケートゾーン」と呼ばれたり、脱毛コースになると「ハイジニーナ脱毛」といった名前がつけられることからも、それがよくわかるでしょう。

 

IラインもOラインも、皮膚がとても繊細です。ほとんど粘膜に近いので、脱毛にも特別な配慮が必要です。

 

ですから、たとえ全身脱毛に含まれていたり、別料金でコース設定されていても、それだけで安心してはいけません。

 

必ずネット上の口コミなどで、体験者の評判を確認するようにしましょう。

 

・担当者は淡々と処理してくれる

 

VIOラインまで脱毛するかどうかで、迷う人が理由に挙げることが多いのが、「いくら相手は仕事だとはいえ、そんなところまで担当者に見せるのは恥ずかしい」です。

 

これは実際に施術を受けてみると、ほとんど問題にはなりません。担当者はそんなことは気にせずに黙々とケアを進めてくれます。

 

「恥ずかしいかも」と思っていた人は肩すかし状態です。

 

ただ、料金の安さがセールスポイントのお店の場合、施術室にはほかの人の施術台も並んでいて、仕切りはカーテンぐらいです。

 

それでも実際上は問題はないのですが、気になりそうならば、少し資金をプラスして、施術室が個室になっているところを選べばいいでしょう。

 

また、もし、痛みを強く感じるようならば、光照射のレベルを下げてもらう手もあります。光脱毛ならば、そういったことも可能なのです。

 

ただしこの場合、施術回数は多めなってしまいます。

 

・ニードル脱毛を選ぶ人もいる

 

全身脱毛をする場合、最も一般的なのは光脱毛(IPL脱毛、フラッシュ脱毛、SSC脱毛などの別名あり)です。

 

また、医療機関(美容外科、美容皮膚科、美容クリニック)で脱毛するのであれば、レーザー脱毛があります。

 

もうひとつ、ニードル脱毛もあるのですが、今ではごく一部のエステや医療機関に残っているだけです。

 

中にはあえて、VIO脱毛だけはこのニードル脱毛を選ぶ人もいます。

 

ニードル脱毛は毛穴一つ一つに手作業で、熱が発生する極細の金属棒を当てていく方法です。

 

痛みが強い・料金が高いなどのデメリットがあって、光脱毛やレーザー脱毛に取って代わられました。

 

ですが、狭い範囲や、限られた本数だけ処理するのであれば、こういったデメリットは目立ちません。そういえる部位がIラインやOラインなのです。

 

ただし、この場合、「ボディー部分は光脱毛。Vライン・Oラインだけはニードル脱毛」といった形になります。

 

使うエステも別々のお店になることも多いでしょう。十分に計画を練る必要があります。

 

全身をニードル脱毛でやるエステもあります。今度は脱毛範囲が最大まで広がりますので、デメリットも最大になります。あまりおすすめできないのが、正直なところです。