一般的に全身脱毛はどのくらいの回数を通えばよい?

「脱毛が完了するまでに何回エステサロン・脱毛エステに通わないといけないか」を考えるには、毛周期を理解する必要があります。

 

もし、全身脱毛を考えているのならば、その上で、「両ワキなどの部分脱毛をする場合と、全身脱毛の場合は、通い方が違う」ということも知っておかなければいけません。

 

・毛周期とは

 

ムダ毛はそれぞれ一本ごとに次のサイクルを繰り返しています。

 

A.休止期=毛穴にムダ毛がない状態です

 

B.成長期=毛母細胞が盛んに分裂し、そうやってできた細胞がかたまり、上に押し上げられてムダ毛ができます。これが盛んに伸びている時期です

 

C.退行期=毛母細胞の活動はすでに終わっています。ですが、まだ先に作ったムダ毛が毛穴に残っている状態です

 

Cの退行期が終わり、ムダ毛が抜け落ちると、Aの休止期に戻ります。

 

個人差があり、体のうちのどの部分かにもよりますが、おおよそのところ、2か月でこれが一巡します。

 

・毛周期と光脱毛

 

エステサロン・脱毛エステで一般的な脱毛方法は、光脱毛です。フラッシュ脱毛、IPL脱毛、SSC脱毛などを採用しているところもありますが、いずれも光脱毛の別名です。

 

「当店独自の方法です」と宣伝されている場合もありますが、せいぜいがいくらか加療しただけで、どことも基本は変わりません。強力な光を皮膚の外から当て、それを毛根や毛母細胞に受け止めさせて高温にします。

 

このダメージで毛母細胞が発毛機能を失うのです。

 

実は光脱毛で影響を受けるのは、成長期にある毛母細胞だけです。休止期・退行期の毛母細胞にはダメージを与えることができません。

 

また、1回の光照射では、毛母細胞にダメージを与えることができ、いったんムダ毛が抜けても、再生します。以前よりは細く、弱々しくなっているだけです。

 

これをすべての毛穴&毛母細胞に繰り返し、数回ダメージを与え、ようやくムダ毛がまったく再生しなくなるのです。

 

この毛周期に合わせると、2か月程度の間隔を空けて施術するのが最も効率が良くなります。また、それを繰り返す必要がありますので、期間は2年程度はかかるわけです。

 

・全身脱毛の場合の施術回数

 

部分ごとの脱毛であれば、この通りに2か月に一回程度の施術を受ければ済みます。

 

また、全身脱毛でも、1回の施術で光照射するのならば、やはりこのペースでいいです。

 

ですが、この場合は、1回あたりの施術時間が長くなります。使っている機種にもよりますが、3時間かそれ以上見ておいたほうがいいでしょう。

 

また、体への負担もその分大きくなります。

 

一方、全身をいくつかのグループに分けて、1回の施術ではその1グループだけを施術し、それを順番に回していくやり方をする場合もあります。

 

もし、2グループに分け、しかも最も早く終えたいのならば、1か月に1回通うことになります。

 

4グループならば、1か月に2回です。

 

分けるグループの数が多くなるほど、1回あたり施術時間は短くなりますが、通う回数が増えることになります。

 

どの方法をとっても、部位ごとに見れば、2か月に1回の光照射を受けることになります。

 

そのため、「1回の施術で全部やる」「いくつに分けた」では施術の終わる時期は変わりません。

 

特に施術の効果が早く出る人で、1年か1年強です。「全身を1回で」のパターンならば通うのは6-8回、「全身を4つのグループで」ならば、24-32回です。

 

2年やそれ以上かかる人は珍しくありませんし、むしろそのほうが普通と考えていいでしょう。