全身脱毛を決意する理由の多くは?一般的にどんな人が通う?

京都の脱毛情報

全身脱毛をするにはそこそこ決意が必要です。

 

いくら金額が安くなったとはいえ、20万円よりも安く済むことはまずはありません。期間も2年ぐらいはかかります。

 

それでは、実際に全身脱毛をした人は、どういった理由で踏み切ったのでしょうか。

 

・部分脱毛で、「これはいい」と気がついた

 

いきなり全身脱毛にはいかずに、両ワキ、ヒザ下、Vラインなどのよくムダ毛が問題になる部位を先に脱毛した人も多いでしょう。

 

特に両ワキはエステサロン・脱毛サロンでも入門コースとして扱っています。赤字覚悟のレベルにまで料金を下げて来やすくし、とにもかくにも脱毛の良さを知ってもらおうとしています。

 

スーパーマーケットなどでいうサービス品ですね。

 

これでムダ毛のお手入れがなくなることの良さを実感し、またお肌がツルツル・スベスベになるのを見たり、「熱で毛母細胞にダメージを与えるといっても、ほとんど体やお肌の負担にはならない」と知って、一気に脱毛範囲を広げるのです。

 

・彼氏ができた

 

全身脱毛の脱毛範囲では、IラインやOラインといったデリケートゾーンまで含めるエステが増えています。

 

少し前までは、「全身」といっても別扱いが普通だったんですよ。

 

「デリケートゾーンまで脱毛できるのならば......ほかの部位を残したら中途半端になってしまう」と全身脱毛に踏み切るパターンです。

 

それも、「気になる男性がいるから」「彼氏ができたから」といったタイミングが多いみたいですね。

 

お泊りや、一緒に旅行に行くことになった時に、ムダ毛の処理ができていないと、「だらしない女」と見られてしまうのを今から気にしているのです。

 

中には、「初めてのベッドインの時に、『意外に剛毛なんだなぁ』と彼氏にドン引きされた」というのが、きっかけになっている人もいるようです。

 

・水着などになる時に、慌てたことがある

 

デリケートゾーンもそうですが、背中やおしり、太ももなどは普段は人に見せません。

 

そういったところほど、油断して、ほとんどお手入れしていないはずです。

 

急に「海辺に行って、水着になる」「大事なパーティーで、勝負服の大胆なドレスを着る」といったことになって、急にカミソリなどで処理しようとします。

 

すると、処理した経験があまりないので、傷を作ってしまいがちです。あるいは、お肌の方でも慣れていませんので、意外に簡単に荒れてしまいます。

 

これではいくらムダ毛がなくても、人の目にさらすことはできません。

 

「備えあれば憂いなし」で、全身どこにもスキがないようにするに、全身脱毛をするのです。

 

・お肌をきれいにしたい

 

脱毛によるプラスは、「ムダ毛が生えなくなる。だからお手入れが要らなくなる」だけではありません。

 

カミソリや毛抜きでダメージを与えることがなくなります。毛根などがなくなることで、毛穴が小さくなり、毛穴の開きもなくなります。

 

つまり美肌効果も高いのです。

 

これを目的に全身脱毛をする人もいます。

 

部分脱毛でも、もちろん同じ効果はあります。ですが、部分脱毛の人気部位は両ワキやヒザ下などの限られた部分です。

 

これらが改善しても、美肌の実感としてはいまひとつ弱いようです。そこで顔のようにそれこそ美肌にしたい部位や、おなかや太ももなどの面積の広い部位まで一気に脱毛したくなるようです。

 

ただ、一部のエステで、顔は全身脱毛コースには含めていないことがあります。注意が必要です。