全身脱毛を施術する時に塗る冷たいジェルの効果とは

エステサロンの脱毛コースをチェックすると、採用されている方式として、光脱毛、IPL脱毛、フラッシュ脱毛、SSC脱毛などなど、たくさんのものが名前が見つかります。

 

ですが、このどれもが基本は同じです。皮膚の外から光を当て、そのエネルギーで毛母細胞などにダメージを与えます。

 

ただし、細かいところで違いがあるのも確かです。特に「光照射前に皮膚にジェルを塗る」「塗らない」ではエステごとにはっきりと分かれます。

 

ジェルを使う場合の理由

 

ジェルを使う場合の最大の理由は、皮膚の保護です。

 

光のエネルギーが皮膚の表面までも高温にしてしまい、負担を与えるばかりではなく、やけどまでさせてしまうようなこともまであります。これをジェルの効果で防ぐのです。

 

また、エステサロンによっては、「ジェルの中に、脱毛の効果を増すような成分を配合している」「美肌効果のある成分も一緒に入れているので、当店で脱毛すると、ムダ毛がなくなるだけではなく、お肌がツルツルスベスベになる」としているところもあります。

 

ジェルを使わない場合の理由

 

一方、ジェルを使わない側のエステサロンは、「当店では皮膚への負担が少ない機種を使っています。ですから、お肌保護用のジェルも必要がないのです」としています。

 

「どちらかが正しい」というものではなく、単に「お店の方針と、その機種ごとの特徴」と考えておきましょう。

 

もし迷うようならば、お試しコースを利用する

 

こういった話がさらに難しくなるのは、痛みの感じ方が個人ごとに違うためです。また、脱毛機種やジェルを使う・使わないのやり方と、自分の毛質・肌質との相性もあります。

 

「どちらのほうがいいのか。自分に合っているのはどちらか」に迷うようならば、お試しコースを利用して、両方を経験してみるのもひとつの手です。

 

アフターケアにも注意

 

もしお肌のダメージを防ぐということでは、もしかしたらもっと大事なことがあります。アフターケアです。脱毛の場合は、光照射後のダメージ軽減のための手当のことをいいます。

 

光照射後、すぐに冷えたお絞りでも当てて、ほとんどそれだけで終わりのようなところもあります。その一方で、しっかりとお肌が落ち着くの時間を掛けて待ち、その後で化粧水をたっぷり施すなど保水ケアを一通りやるところもあります。

 

光照射による熱を受けた皮膚は、水分も少なくなっています。保水ケアまでやるほうがいいのはもちろんです。

 

アフターケアは、エステごとのやり方が最も大きく異なる部分です。エステ選びにはここまでチェックするようにしましょう。

 

ただし、しっかりとアフターケアをするところは、料金も高くなりがちです。「家に帰って、自分でアフターケアをするから、料金が安いほうがいい」という割り切り方も可能です。

 

ですから、「料金は高いわ、アフターケアはほとんどないわ」で、ほかに特別なメリットもなければ、そのエステを選ぶ理由はありません。

 

 

⇒京都の全身脱毛、おすすめ情報はこちら

 

 

関連ページ

全身脱毛に関する注意事項はココ!
全身脱毛のメリットについて
脱毛を始める前に知っておきたいこと・注意点
将来への投資としての全身脱毛
全身脱毛の海外事情
脱毛サロンでよくあるトラブルってどんなもの?
脱毛エステでは勧誘ってされるの?
結婚式に備えて始めたいブライダル全身脱毛について
エステサロンで全身脱毛のオススメ脱毛法について
全身脱毛のエステ施術の主な流れについて
全身脱毛を行った後のセルフケアはどうしたらよい?
受けなきゃ損?な効果の高い全身脱毛のおすすめポイント
年々進化している?プロが使う全身脱毛のための装置の特長
全身脱毛の中でも特に注意したいVIOライン・おすすめの方法は?
一般的に全身脱毛はどのくらいの回数を通えばよい?
全身脱毛を決意する理由の多くは?一般的にどんな人が通う?
vio脱毛の前処理はどんな事をすれば良いか?
vio脱毛の自己処理で知っておきたいシェーバーとブラジリアンワックス
vio脱毛の傷みは実際にあるの?主な脱毛法と痛みについて
全身脱毛の一般的な相場と料金支払で選べる方法について
全身脱毛を受ける前にやっておくべき自己処理の方法
全身脱毛コースの月額制と定額制はどちらがおすすめ?
全身脱毛に込みの場合が多いVIOライン脱毛について
敏感肌やアトピーでも全身脱毛を受ける事は可能なの?
全身脱毛を受ける予約日当日のメイクはどうしたらいい?
全身脱毛はどんな方法で行われるの?脱毛方式の種類
全身脱毛の予約から施術・アフターケアまでの基本的な流れ
脱毛サロンで全身脱毛を行った後にアフターケアはどうするの?