日焼けや色黒・ホクロの人でも医療用レーザーは受けられる?

医療用レーザーなら敏感肌やアトピー肌、ニキビ肌など肌トラブルがある方でも脱毛できます。
そんな医療用レーザーであっても、施術が受けられない可能性があるのが、日焼けや色黒、ホクロのある肌です。
では、日焼けや色黒、ホクロのある人は絶対に医療用レーザーが受けられないのでしょうか。

 

医療用レーザーは受けられないの?

 

基本的に日焼けなどをしていると施術はできませんが、絶対に脱毛できないということではありません。
日焼けの場合だと時間とともに炎症が治まりますし、メラニン色素も排出されます。
肌の状態が普通に戻ればトラブルが起こることもないので、もちろん脱毛は可能です。
またホクロがあるとしても、施術部位から離れていたり、テープで隠せる大きさであれば問題ありません。
ただし、色黒の方の場合は時間が経っても肌の色は変わりません。
ですので事前に施術が受けられるか、確認をする必要があります。
ホクロも、施術部位にたくさんあったりすると、テープで隠しきれないので、事前に診てもらった方が良いでしょう。

 

日焼けなどで医療用レーザーが受けられない人とは

 

医療用レーザーに限らず、光脱毛であっても日焼けや色黒、ホクロの数によっては脱毛出来ないことがあります。
その理由は、医療用レーザーの脱毛のメカニズムが関係しています。
医療用レーザーから照射される光は、黒い色に反応する性質を持っています。
普通の肌であれば、一番黒いのはムダ毛なので、ムダ毛に反応して熱に変換されて毛根組織を破壊します。
しかし、日焼けや色黒、ホクロもメラニン色素によって出来ています。
レーザーはムダ毛に反応するのではなく、黒い色なら何でも反応するため、日焼けなどでメラニン色素が沈着していれば熱が発生してしまいます。
皮膚に熱が発生すれば、火傷や炎症が起こる可能性があるため、レーザーが反応するような状態の肌には施術ができないのです。

 

医療用レーザーならホクロが消える?

 

医療用レーザーで使われるアレキサンドライトレーザーやYAGレーザーは、もともとシミの改善に使われていた機器です。
ですので、こういった機種を使っている医療用レーザーであればホクロを改善する効果が期待できます。
と言っても、脱毛をするために出力レベルを変えているので、確実な効果が得られるわけではありません。
あくまでも副産物としてホクロが薄くなることがある、という程度です。
それでも口コミでは実際に小さくなった、目立たなくなったという意見がありますから、効果は期待できますね。

 

いずれにしても、医療用レーザーは絶対受けられないと決まっているわけではありませんから、無料カウンセリングを受けて判断してもらいましょう。

 

 

⇒京都の全身脱毛、おすすめ情報こちら